ガラスの無い生活なんて考えられない

一般の住宅、ビル、マンション、ほとんどの建物にも窓がついていて、そこには窓ガラスがはめ込まれています。窓ガラスは大変多くの役割を持っており、そのおかげで私たちは室内でも快適にすごすことができるのです。窓ガラスが持つ役割についてご紹介していきます。

窓ガラスの持つ効果の一つが採光です。建物の中で日光が遮断されてしまうと、外からの明かりを取れず私たちは電気をつけなければ中で過ごすことになってしまいます。窓が太陽の光をとりこんでくれますので条件によっては、日中は太陽の光だけでも十分明るく過ごせるのです。

外の様子を家の中から伺うことができるのも窓ガラスがあるからです。外の天気を見たいとき、お客様をお待ちしているときなど窓ガラスがあるとそこから外の様子を簡単に伺うことができます。

窓ガラスはそれ以外にもさまざまな機能を持っています。近頃は窓ガラスに高い機能を持たせた高機能ガラスなども登場しており、ますます私たちの生活を便利にしてくれています。

防犯機能を持っているガラスもあります。空き巣の侵入手口として窓ガラスを割って家の中に入ってくるのですが、簡単に割れないように作られているのです。

また災害時にはガラスが飛び散って二次被害を起こす危険性もあったのですが、機能性の高いガラスは、もともと丈夫で割れにくいだけでなく万が一割れた時でもガラスが細かく砕けるのでケガをしにくくなっています。

機能性の高いガラスはエコ性能にも優れています。今まで家の中の熱や冷気が逃げる原因はガラス窓からでしたが、気密性の高いガラスが増えたことにより断熱効果を高められるようになりました。

また冬になるとガラスに結露が起こりやすくなりそれがカビの原因となりましたが、結露の発生を抑えたガラスも多くみられるようになっています。

どんどんガラスの機能は高められきており、ますます私たちの生活を便利で快適、安全にしてくれるでしょう。